ツキジめいた趣味坂十番地

青森のMTGプレイヤー、なぞりん(旧YuanShen)の趣味日記。 主にMTG、雑記など。ニンジャはあまり関係ない(と思う)

大会

第三回MTGどーらく杯

第三回MTGどーらく杯に参加された皆様、お疲れさまでした!
第一回と第二回が12名、そして今回はあの悪天候にも関わらず14名に! 今週は16名ですね(予感) この調子ならFNM開催も時間の問題かもしれませんね♪
今回は黒が多かったですね。自分も含めて14人中5人が黒をメインとするデッキだったみたいです。
こうなると、次回は黒メタが多そうかな?

それでは、既にうろ覚えですが例の如くダイジェストです。


フォーマット:スタンダード
試合形式:スイスドロー 4回戦
使用デッキ:青黒ミッドレンジ(紹介は後日)


1回戦目
VS5色コントロール(ワーム・シュート?)
○○-

いきなり楽しそうなデッキと当たりました(^-^
1セット目。初手からの思考囲いでまず相手の手札に「なんじゃこりゃあ~!?」して、その後は両者ともマナフラッド気味でゲーム進行。中盤から生命散らしのゾンビ→冒涜兄貴→エレボスの鞭と繋げて、ライフを稼ぎつつクロックを刻む。天才の煽りから世界棘のワームが飛んできて11点をもらったが、そのおかげでそのまま押し切って勝利。
2セット目。サイドから投入した強迫で怪しいカードを落とし、その後は理想的展開で進み、アスフォデルの灰色商人でライフを吸い切って勝利。
そしてお楽しみのフリープレイタイム。こちらはイーオン・ブリッジ(レガシー 複合コンボデッキ 紹介は後日)でしたが、ニコル様(戦場に出ても輪の中でお休みタイム)や江村が初手にいたり、キーカードが1枚もなかったりと大分ヘソを曲げていました(^-^;
そんなこんなでフリープレイ中に1回戦目が終了。決着もつかず、相手のデッキのアーキタイプも分からないまま終わってしまいました(まる)

2回戦目
VS赤単信心タッチ白
○×○

一回目の大会でラクドスアグロを使われていた方です。
1セット目。両者マリガン、6枚からのスタートとなり、3T目に生命散らしのゾンビをプレイするも、残念ながらボロスの反攻者は見えず。しかし相手の土地事故にも助けられて冒涜兄貴とディミーア組々長ラザーヴ(いつから組になったし)で殴り切って勝利。
2セット目。ゾンビや夜帷の若頭を火力で捌かれ、こちらが除去を引けなかったのもあってチャンドラのフェニックスが止まらず、敗北。
3セット目。初手囲い。3T目きっかりにゾンビをプレイして、今度は憎き反攻者を追放できて一安心。その後は冒涜兄貴でクロックを刻み、灰色商人で吸い切って勝利。
フリープレイはやっぱりイーオン・ブリッジ(というかこの日はこれだけでした)を使いましたが、ここでもヘソ曲げまくりでgdgd展開に。まぁ、全部こんな感じだったんですけどね(^-^;;

3回戦目
VS黒緑コントロール
×○○

ラザーヴ組長が大活躍した回。相手のデッキは、黒緑といってもゴルガリ(活用)ではなく、死橋の詠唱(群れネズミ+首領)型でした。
1セット目。3T目に群れネズミをプレイされ、2体に増えたところで手札に究極の価格はなく、肉貪りと破滅の刃……仕方がないので肉貪りで1体落とす。その後もネズミの起動にレスポンスしてサイクロンの裂け目を2T続けてプレイするも、結局猛攻を止めることはできず、敗北。
2セット目。群れネズミ用にサイドから真髄の針と究極の価格を投入。結局3セット目までも針は見えなかったものの、ゾンビ→冒涜兄貴→鞭の理想的展開で勝利。
3セット目。序盤からこちらが優勢。ブロッカーとして立ててきた荒野の収穫者を肉貪りで落とし、ラザーヴ組長でコピー。4/5呪禁、黒1マナで接死持ちと化した組長で殴りきり、勝利。
さすが組長、ここぞという時に活躍してくれます!

4回戦目
VS黒単信心タッチ白?
○××

オポネント1位の方との対戦。もっとも熱く、しかし集中力が切れかけていたのもあって、こちらのプレミが目立った回でした。
1セット目。まずまずの出だしから、土地4枚の状態で夜帷の死霊をプレイ。次ターンで相手のライブラリーから変わり谷がめくれ、早速セットして5マナから灰色商人で5点ドレイン。その後も相手の良カードばかりがめくれ、最後は灰色商人で7点を吸い切って勝利。
2セット目。今度は1セット目と真逆の展開になり、相手の死霊でこちらの良カード(針、冒涜兄貴、肉貪りなど)が大量にめくられる。裏切った兄貴は究極の価格で処理するも、手札から出てきた兄貴が処理できず、そのうちに鞭までも戦場に。ここで2枚目の針を引いたが、何を考えていたのか、相手の墓地に然してクリーチャーが落ちていない状態にも関わらず、鞭を指定してしまう(プレミ一回目) 戦局は覆せずに、そのまま敗北。
3セット目。序盤から相手の優勢で進み、中盤――相手の場には兄貴と灰色商人。ドローは遠隔+不在。こちらの場に土地は6枚。つまりはどちらかをバウンスし、更に1体生け贄に捧げさせられる状態だった。2体のアタックにレスポンスしてプレイ。長考の結果、こちらの手札にクリーチャーがいなかったことを考慮し、商人バウンスを選択。結果的にはこれが2回目のプレミとなる。
冒涜の悪魔は1体だけで場を制圧できるので、基本的には並べない。ここでCIP持ちの商人のバウンスを選択したことは明らかなプレミであり、プレイングがまだまだ甘いことを認識させられた。
結局のところ、相手の手札には後続の悪魔がいて、それを止められず、敗北。色々と勉強させていただいた、貴重な一戦でした。
フリープレイは相手のデッキは青白赤コントロール(トリコフラッシュ)で非常に完成度が高く、未完成のコンボデッキでは全く歯が立ちませんでした(--;


結果、○○○×(3-1)の2位でした。結果は良かったのですが、手なりのプレイが多く、まだまだやり込みが足りないな、と思いました。

それでは、また第四回MTGどーらく杯でお会いしましょう~

前回のデッキ詳細と対戦結果

前回にも書いたとおり、骨子は標準ながらも少々変則的なコロッサルグルールです。
基本的な動きはコロッサルグルールと同じで、マナクリ+炎樹族の使者からポルクラノス、高木の巨人に繋げ、ニクソスからの大量マナで怪物化、ナイレアのトランプル付与で相手を踏み潰します。
この型ではマナクリと同じくらい炎樹族の使者を重宝します。初手で引いた場合は言うに及ばず、中・終盤で引いても得た2マナをそのまま(信心+2のオマケ付きで)ニクソスの起動に回せるため、どこで引いても腐ることがないからです。

以下、今回挿した(挿すはずだった)特徴的なカードです。


呪文裂き 1青
4、5マナ域のパワークリーチャーが多いこのデッキと良くかみ合っている。怪物化した後なら8、9マナ要求も容易。

サイクロンの裂け目 1青(超過:6青)
相手の土地以外のパーマネントをバウンス。超過で綺麗さっぱり(土地以外)
超過コストもシングルシンボルなので、森の女人像と土地二種で十分賄える。

派手な投光 1
対戦相手のクリーチャーの呪禁を、持っていないかのように扱えるほぞ。
3マナ払って割るとターン終了時までこちらのクリーチャーに呪禁、アンブロッカブル付与なのでエンドカードとして採用。
一応、ポルクラノスで対戦相手の森の女人像等を対象にしたりもできるが、そういった機会はなかった。

自由なる者ルーリクサー 4赤緑 6/6 警戒 到達
攻撃強制のデメリットなど、あってないようなもの。クリーチャーでない呪文を唱えたプレイヤーに6点ものダメージを与える呪文殺し。
コントロールにもバーンにも刺さる。ただし、対戦相手のライフが十分な状態では普通に非クリーチャー呪文で排除してくるので油断は禁物。
ボロスの反攻者は天敵。トランプル付与手段がない状態で出されると非常に反射が痛い。


サイドボードについてはそれなりに有用なカードを入れたはずなのですが、全くといっていいほど関わりがありませんでした(汗)
辛うじて第四戦目の最終ラウンドでミジウムの迫撃砲(赤マナが足りず、手札に死蔵…)を引いたくらいですね。
捕食者の関係はルーリク・サーとの相性悪いし、ナイレアの信奉者に変えたほうがいいかな。
PWに針治療も施せず。残念残念…


以下、対戦結果とダイジェストです。

初戦
とりさん エスパーコントロール
×○○

久々の大会参加で緊張した面持ちで迎えた初戦。私が効果の処理を忘れていても丁寧に対応していただき、とても助かりました。
第一ラウンドは強請のドレインと空騎士が止まらず敗北。第二ラウンドはルーリク・サーを出すも、アゾリウスの魔除けで即排除(さすがの汎用性…)。それでも打ち消されない、プロ青持ちの霧裂きのハイドラが頑張ってくれて勝利。1Rと同じくアグロ殺しの盲従を張られた最終ラウンドも霧裂きのハイドラが頑張ってくれて勝利でした。
とても楽しい試合でした♪

第二戦目
(ごめんなさい。お名前を忘れてしまいました) 赤単バーン
×○×

「マナクリは見たら焼け!」のバーンがお相手だった第二戦目。
第一ラウンドから案の定焼きエルフの出来上がり。序盤から緩慢と攻防を繰り広げ、ボロスの反攻者とのにらみ合いが続きます。そのうちにチャンドラのフェニックスが出てきて2点クロック。フェニックスのアタック後にライフが火力圏内に入ったところでコンシード(投了)
しかし相手の手札はブラフだったというオチ! これも知的ゲームならではの駆け引きですよね。
第二ラウンドは使者→女人像→ポルクラノス→ナイレア→高木の巨人の理想的な流れで勝利。第三ラウンドは何時もどおりに神秘家を焼かれた上にマナフラッド気味で、4ターンキルされて敗北でした。
このデッキに反攻者は本当にきついですわ~

第三戦目
M上さん ラクドスアグロ
○○

現スタンの速攻デッキの代名詞、ラクドスアグロがお相手だった第三戦目。
第一、第二ラウンドともに相手の引きがあまり良くなかったようで、漁る軟泥でむしゃむしゃ食べながらダメージを重ねてストレート勝利でした。
第二ラウンドは特にゼナゴスの奥義でポルクラノスとルーリク・サーを同時に出せたのが良かったですね。5枚目まで呪文と土地ばかりだったので冷や冷やしました(^-^;
その後、時間が余ったのでフリープレイを楽しみましたが、炎樹族→炎樹族→軟泥で3ターン目にしてニクソスから高木の巨人が出せる態勢…更に終わり際にも炎樹族が手札に…どんだけ固まってんの(汗)

第四戦目
freemanさん 緑単信心(ウィニー寄り?)
○○

アプローチは異なるも、同じ緑単信心の流れを組むデッキがお相手だった第四戦目。
こちらでも第一、第二ラウンドともに漁る軟泥が活躍。第一ラウンドは順調にクリーチャーを並べてから派手な投光を割っての総攻撃で勝利。
第二ラウンドはプレミでゼナゴスを退場させてしまいジャブの応酬が続きましたが、最終的には怪物化したポルクラノスと高木の巨人で一気にライフを削り、勝利しました。
高木の巨人はもっと評価されるべき。


結果、3-1で3位という悪くない結果でした。1位、2位の方、おめでとうございます♪

ではでは、27日も楽しい日々を過ごせることを期待しつつ、今日はこの辺で~(半端なく眠いのですZzz…)

お疲れ様でした!

「どーらく」のMTG大会に参加されたプレイヤーの皆様、昨日はお疲れ様でした! 当日までにカードを揃えることができず、代用カードを入れたデッキでの参加でしたが、何とか三位以内に入ることができました。
6~8人くらいかなーと思っていたのですが蓋を開けてみれば12人も! 皆様楽しい方ばかりで、デッキのほうもお守りやグッドスタッフ的なカードを忍ばせて一工夫凝らしたデッキが多く、とにかく楽しかったです。
一番面白かったのは、第二戦目ですね。コロッサルグルールVS赤単バーン(多分)という、どちらも速攻型のデッキなのに45分もかかりました(^-^; トランプルを持たせる手段がナイレアしかないので、ボロスの反攻者が立っていると、それだけで辛いのですよね。私はプロフェシー前に一度引退しましたから十数年ぶりの大会で不慣れだったのもありますが。
第二戦目は落としてしまったのですが、戦術や戦略等色々と思い出させていただきました。

27日も参加できるとは思いますので、その時はまたよろしくお願いします♪



*デッキ紹介*

緑単信心タッチ(コロッサルグルール)

クリーチャーカード 29枚

4 エルフの神秘家
 森の女人像
4 炎樹族の使者
4 ※1ゴーア族の暴行者
3 世界を喰らうもの、ポルクラノス
3 漁る軟泥
3 高木の巨人
2 霧裂きのハイドラ
2 狩猟の神、ナイレア
1 自由なる者ルーリク・サー

呪文カード 9枚

3 歓楽者ゼナゴス
2 派手な投光
2 ※2サイクロンの裂け目
1 ナイレアの弓

土地カード 22枚

8 森
4 ニクスの祭殿、ニクソス
4 踏み鳴らされる地
4 奔放の神殿
1 繁殖池
1 神秘の神殿

※1 一族の誇示(1)
※2 呪文裂き(2)

サイドボード 15枚

2 ミジウムの迫撃砲
2 真髄の針
2 古代への衰退
2 茨潰し
2 捕食者の関係
2 破壊的な享楽
1 ナイレアの弓
1 霧裂きのハイドラ
1 自由なる者ルーリク・サー


やや標準的なコロッサルグルールに青のカードを少しだけ挿した型です。
詳細はまた後日に。
livedoor プロフィール
ギャラリー