ツキジめいた趣味坂十番地

青森のMTGプレイヤー、なぞりん(旧YuanShen)の趣味日記。 主にMTG、雑記など。ニンジャはあまり関係ない(と思う)

レガシー

ウィザードからフェアリーへ(06/22更新)

UBWフェアリー・ブレード

フォーマット:レガシー
スリーブ:チルノ(VISION)

※青字は新規投入したカード


クリーチャー(12)

4 呪文づまりのスプライト
4 悪意の大梟
2 ヴェンディリオン三人衆
2 霧縛りの徒党

インスタント(14)

4 喉首狙い
2 謎めいた命令
2 呪文貫き
2 剣を鍬に
2 目くらまし
2 呪文嵌め

ソーサリー(4)

2 思考囲い
2 コジレックの審問

アーティファクト(3)

1 梅澤の十手
1 火と氷の剣
1 饗宴と飢餓の剣

部族・エンチャント(4)

4 苦花

ランド(23)

3 湿った墓
3 湿地の干潟
2 人里離れた谷間
2 忍び寄るタール坑
2 激浪の研究室
1 神聖なる泉
1 新緑の地下墓地
6 冠雪の島
2 冠雪の沼
1 冠雪の平地

サイドボード(15)

4 ????
3 翻弄する魔道士
2 四肢切断
2 強迫
2 ??
2 安らかなる眠り


現在の私のメインデッキで、割合一般的なブレード型のフェアリーだが、より柔軟性を高めるために主にサイド目的で白をタッチしている。
スリーブはこれまたデッキと合致しているチルノをチョイス。スリーブのヒントすごいですね。VISIONのはあまりチルノらしくない絵柄で、どちらかといえば二次創作の氷帝チルノやチル姉っぽいのだが、逆にそれが幻想的で気に入っていたりする。
ややカウンターが少ないがクロックを刻みながら除去・カウンターを駆使して相手のライフを削り切る、所謂クロックパーミッションの型である。フィニッシャーは定番の《ヴェンディリオン三人衆》と《霧縛りの徒党》の二枚。
防御面は《悪意の大梟》と《喉首狙い》と各種カウンターで、序盤攻められてもある程度は凌いでいける。《苦花》で毎ターンブロッカー用意し、凌いでいる間に飛行アタッカーで殴りきるのが基本戦術。

ウィザアァァード!

あつくなってきた(棒)(おばチャンドラ)

と、ドン冷めするような大根台詞はおいといて、今日はクライアント側の都合で早く帰れた(明日は地獄だがな!)ので、久々にレガシー・デッキの紹介をしてみようかと。

明治のダーク・ラムうまうま♪



ウィザード(Hyb. 青単信心)

クリーチャー(24)

4 呪文づまりのスプライト
3 燐粉の変わり身
3 非凡な虚空魔道士
3 守護ウィザード
2 誘惑蒔き
2 巻物の君、あざみ
2 波使い
1 ヴィダルケンの霊気魔道士
1 ヴェンディリオン三人衆
1 ザルファーの魔道士、テフェリー
1 海の神、タッサ
1 造物の学者、ヴェンセール

ソーサリー(0)

インスタント(7)

3 対抗呪文
2 乱動への突入
1 誤った指図
1 精神壊しの罠

エンチャント(0)

アーティファクト(5)

4 霊気の薬瓶
1 光と影の剣

プレインズウォーカー(1)

1 月の賢者タミヨウ

土地(23)

13 島
3 フェアリーの集会場
2 激浪の研究室
2 ニクスの祭殿、ニクソス
1 トレイリア西部
1 冠雪の島
1 水辺の学舎、水面院

サイドボード(15)

3 プロパガンダ
1 妖精の女王、ウーナ
1 月の賢者タミヨウ
1 海の神、タッサ
1 ヴェンディリオン三人衆

※残り8枚は非公開


見ての通り、ウィザードとレガシー版青単信心のハイブリッドデッキである。参考は、「いいですね」「よくないですね」でニコニコ動画のコメント欄を沸かせている『東方永劫譚』の阿求のデッキ。

クリーチャーは、《海の神、タッサ》を除いて全てウィザードで構成している。新旧の、各環境で活躍しており且つダブルシンボル以上のカードを多く採用。その色拘束の強さから、現スタンで猛威を振るっている信心ギミックを搭載することで、お約束の《梅澤の十手》を投入しなくとも、早期決着を可能にしている。
特筆すべきは《燐粉の変わり身》。これは当初、採用していなかったのだが、デシベル氏ことS藤さんのアドバイスにより投入してみたところ、防御に《プロパガンダ》を採用していた時に比べてより扱いやすくなった。絶対的な防御力は落ちているはずなのだが、多相を持つ《燐粉の変わり身》と《呪文づまりのスプライト》とのシナジーで、2T目に《対抗呪文》でなくとも、エターナル環境ではマストカウンタークラスが多い2マナ以下の呪文を打ち消せるようになったのが非常に大きい。このデッキでは、《非凡な虚空魔道士》《守護ウィザード》《巻物の君、あざみ》とも強いシナジーを形成するため、攻勢防御になっているとでも言うべきか(意味不明)
現状1枚挿しの凶悪ウィザード(&フェアリー)は、《ヴィダルケンの霊気魔道士》からのウィザード・サイクリングによって、実質の水増しをしている。スリヴァーをバウンスするという謎のCIP能力も、ミドルサイズの多相持ちである《カメレオンの巨像》等に使える。

ソーサリー、エンチャントは、メイン不採用。インスタントもレガシーでは見慣れすぎているだろうカード群なので、特筆すべき点はないと思う。アーティファクトは、必須パーツの《霊気の薬瓶》に加えて、クソ剣次男坊こと《光と影の剣》を1枚挿ししている。ライフ回復はともかく、《ヴィダルケンの霊気魔道士》や墓地送りにされたウィザードを再利用できるのが大きい。

プレインズウォーカー枠の《月の賢者タミヨウ》は、ややズレた採用に思えるかもしれないが、パワーカードまでは行かないものの、強力なカードには違いない。無論狙うのは-8のぶっ壊れ奥義だが、それを抜きにして+1の連打で多少は相手の行動を阻害できるし、-2は《燐粉の変わり身》の第二の能力ともシナジーを形成する。
候補は他にもいたし(神ジェイスとか神ジェイスとか神ジェイスとか)、単に私がタミヨウ姉さん(?)を気に入っているだけというのもあるが。

サイドボードは、見せているものだけでいうと、この7枚を入れ替えることで旧来のコントロール重視型に戻せる、所謂一粒で二度美味しい構成にしている。残り8枚は、墓地対策とこのデッキの弱点である、特定カードへのメタ張り。

今、一番お気に入りのデッキである。

お久しぶりです&レガシーデッキ紹介

皆様、お久しぶりです。
時間が合う時にN岡さんやN尾さんやF森さん、M上さん達とフリープレイやトレードをして楽しんではいたのですが、肝心の大会のほうの戦績が芳しくなく少々腐っていまして、暫くブログの更新をお休みさせていただいていました。
明日は心機一転、新デッキで臨みます!

とりあえず、今日は軽く手持ちのレガシーデッキの紹介をば。



BGウィッシュ(旧忍者フィッシュtヘックスメイジ・デプス)

フォーマット:レガシー

クリーチャー(13)

3 死儀礼のシャーマン
3 吸血鬼の呪詛術師
3 苦痛の予見者
2 マラキールの門番
2 漁る軟泥

ソーサリー・インスタント(19)

4 Hymn to Tourach
3 ギタクシア派の調査
3 生ける願い
3 突然の衰微
2 輪作
2 思考囲い
1 大渦の脈動
1 外科的摘出

アーティファクト・エンチャント(5)

3 バネ葉の太鼓
2 苦花

プレインズウォーカー(1)

1 ヴェールのリリアナ

土地(22)

3 沼
2 森
4 新緑の地下墓地
3 ヨーグモスの墳墓、アーボーグ
3 森林の墓地
2 Bayou
1 Maze of Ith
1 演劇の舞台
1 ヴォルラスの要塞
1 暗黒の深部
1 幽霊街

サイドボード(15)

2 クローサの掌握
2 破滅的な行為 or 仕組まれた爆薬
1 思考囲い
1 陰謀団式療法
1 壌土からの生命
1 吸血鬼の呪詛術師
1 マラキールの門番
1 根絶
1 暗黒の深部
1 最後のトロール、スラーン
1 漁る軟泥
1 ボジューカの沼
1 突然の衰微


忍者フィッシュtヘックスメイジ・デプスがN尾さんのアドバイスにより生まれ変わった姿で、一応のメインデッキになります。
F森さんとM上さんから《死儀礼のシャーマン》をトレードしていただき、一気に強化されました。以前の面影は殆どありません(^-^;
勝利手段は主に二種類で、《苦痛の予見者(殴りにいけない時はドラムで)》でアドを稼ぎつつ、優秀なウィニークリーチャーと、墓地掃除で膨れ上がった《漁る軟泥》で殴り切るか、《思考囲い》や《ギタクシア派の調査》で相手の手札を見透かし、安全を確認してからマリット・レイジを呼んで速やかに勝利を狙います。デッキによっては、シャーマンのライフルーズ強要だけでいけることも。
シャーマンを必要枚数投入できるようになり、2、3ターン目にマリット・レイジを呼べる確率も大幅に上がりました。
サイドボードはBGウィッシュらしく、これでもかというくらいシルバーバレット戦術を組み込んでいます(^-^;
仮想敵がN尾さんのRUGデルバー、N岡さんのリアニメイト、緑青スレッショルドなのですが、さほど意識はしていないのに、微妙妙に身内メタのカードが多いような気がしないでもありません(^-^;;
まだ、足りないか届いていなかったりするカードが数枚ありまして、それの枠には代わりのカードを入れています(Bayoux1→草むした墓 ヴェリアナ→マラキール+1 地下墓地→タップインフェッチランド など)

イーオン・ブリッジ

第五回MTGどーらく杯、お疲れさまでした!
対戦結果はまた後ほど。覚えているうちに(^-^;

え? 第四回の対戦結果はないのかって? ナンコトカナァー?



*デッキ紹介*

イーオン・ブリッジ(複合コンボデッキ)

フォーマット:レガシー

クリーチャー 15枚

4 旅するサテュロス
4 Elvish Spirit Guide
4 ファイレクシアン・ドレッドノート
1 世界棘のワーム
1 大祖始
1 引き裂かれし永劫、エムラクール

呪文 25枚

4 幻視の魔除け
4 俗世の教示者
4 渦まく知識
3 思案
2 撃退
2 倦怠の宝珠
2 輪作
1 自然の秩序
1 プレインズウォーカー、ニコル・ボーラス
1 残酷な根本原理
1 召喚の罠

土地 20枚

7 島
2 森
3 繁殖池
4 草原
4 苔汁の橋


《ファイレクシアン・ドレッドノート》のCIPにレスポンスして《苔汁の橋》を起動させ、フィニッシャー等をコストなしでキャストするコンボデッキです。同時に、スタイフルノートやプロオーダーのギミックも搭載しています。
コンボが決められない時は愚直に殴りに行けるよう、CIP能力持ちクリーチャー殺しにもなる《倦怠の宝珠》をメインから採用。相手のアーキタイプによっては、これだけで勝てる時もあります。
土地は20枚と控えめですが、ESGを投入しているので、これでも十分回ります。
フィニッシャーは定番の江村とダイソーシーと形が卑猥と評判の世界棘のワームを採用。世界棘はほぼ対黒用ですね。ただ、神々の軍勢に黒のクリーチャー追放呪文があるので、飛行+除去耐性もあり、場合によっては素出しできる《シミックの空呑み》に切り替える準備も。
そして、《草原》はタップインでテンポを殺いでしまうのでペイライフのフェッチランドに比べると使い勝手が悪いのですが、これでもデュアルランドやショックランドを持ってこれるので、アンタッパーとの相性が良いのと、フェッチランドにまで手を伸ばす余裕がなかった理由で、とりあえずは採用しています。

ドリーム・マッドネス(ハイタイド系列?)

フォーマット:レガシー

ドリーム・マッドネス(構想段階)

呪文 36枚

4 暗黒の儀式
4 囁く狂気
4 目くらまし
4 時のらせん
4 High Tide
4 瞑想
4 あと戻りの映像
4 否定の契約
3 地獄界の夢
1 苦悶の触手

土地 24枚

14 島
6 沼
4 湿った墓

サイドボード 15枚

4 思考囲い
4 サイクロンの裂け目
3 苦悶の触手
2 仕組まれた爆薬
1 滅び
1 地獄界の夢


動きはハイタイドそっくりですが、これは地獄界の夢を出した状態で大量ドローさせて勝利します。
ハイタイドからアンタップパーツや天才のひらめきを除いてキーカードを入れ替えただけですが、割と回しやすい上にレガシーにしては構築費用も安価(らせんと契約だけはそれなりの相場)という特徴があります。
黒マナもそれなりに出るのでサイドから思考囲いを投入して初手で目論み潰しが可能です。
あくまでもファンデッキですが、まあそれなりには戦えると思います(^-^;
いやでもストームを稼ぐデッキなので、代替勝利手段は苦悶の触手を採用。回り始めた後、そのターンで仕留められなかったら潔く投了しましょう(笑)
livedoor プロフィール
ギャラリー